肌をきれいにするには?
*
肌をきれいにするには? > 食生活 > きれいな肌をキープする、食生活習慣

きれいな肌をキープする、食生活習慣

きれいな肌は正しい洗顔と保湿ケアが基本。しかしそれだけでは、きれいな肌をキープするのはなかなか難しいもの。

きれいな肌を作って、それをキープするには食事・睡眠・運動など毎日の規則正しい生活習慣が大きなカギとなります。

特に、栄養バランスのとれた食事はきれいな肌をつくる基礎となります。外側からのケアだけでなく、体の内側からの美肌ケアをしっかり進めていきましょう。

肌によい栄養素をバランスよく食べる

1日30品目、とよく言われますが、実際にそれだけの品目を摂るのは難しいので、美肌の3大栄養素である「タンパク質・ビタミンA・ビタミンC」を意識して摂るようにするのがおすすめです。

  • [タンパク質]肌や体をつくる元となります。(肉・魚・卵・牛乳・大豆製品)
  • [ビタミンA]皮膚や粘膜を健康に保ちます。(うなぎ・鶏レバー・ほうれん草・にんじん・かぼちゃ・にら)
  • [ビタミンC]メラニンの働きを抑制し、シミ予防と改善に役立ちます。(いちご・キウイ・ブロッコリー・パプリカ・ゴーヤ・ピーマン)

この他にも、腸内の善玉菌を増やすヨーグルトや納豆などの発酵食品、ミネラルが豊富で肌にうるおいをもたらす海草類なども食事に積極的に摂りいれましょう。

生野菜サラダはほどほどに

生野菜のサラダは美容によいイメージがあり、好んで食べる女性も多いと思いますが、実は、生野菜は体を冷やし、体温を下げる働きがあるためあまりおすすめできないメニューなのです。

体温が下がると免疫力が落ち、代謝も悪くなります。野菜は生よりも、火を通したほうがたくさんの量が食べられるのでおすすめです。


yasai